長寿の気持ちを込めたおばあちゃんへの感動のメッセージ

投稿日 2015年09月08日


心に寄り添うメッセージ

長寿の気持ちを祖母に1

年をとると、誰でも思うように体が動かなくなるし、記憶力も鈍ってくるものです。

もちろん、健康そうに見えるおばあちゃんも同じです。

でも、体が痛くて思うように動けなかったり、言いたい言葉がでてこないことを、しょうがないとは思っていても、自分では認めたくないものです。

だから、そのことを他の人にも気がつかれたくないし、指摘されると強がりを言ったり、わがままなことを言って、周りを困らせることもあるでしょう。

そんな、もどかしい気持ちを抱いているおばあちゃんの誕生日には、おばあちゃんが元気になるような誕生日プレゼントと一緒に、心に寄り添うようなメッセージを贈りましょう。

タバコとお酒好きなおばあちゃんには

長寿の気持ちを祖母に2

人付き合いが好きで、時間があるとコミュニティーセンターへ行って、たくさんの友達に囲まれているおばあちゃん。

でも、その分、いろいろなところに誘われることも多く、毎日のようにお酒を飲んで、タバコの匂いをぷんぷんと漂わせて帰ってくることもあるでしょう。

タバコとお酒は体に悪いからやめて欲しいな…と伝えても、「おばあちゃんはもういいんだよ!」と自虐的な言い方をされて、なかなかその気持ちが伝わらなかったり。。。

そんなおばあちゃんの誕生日には、おばあちゃんが趣味にしているもののプレゼントと一緒に、メッセージを書いた手紙を贈りましょう!

「おばあちゃんへ。お誕生日おめでとう。おばあちゃん裁縫が上手だから、おばあちゃんが好きな椿の柄が入った裁縫の道具入れと、裁縫の本を贈るね♪本につけた付箋のページの服が欲しいなと思っているんだけど、おばあちゃん作ってくれるかな。子どものころに作ってくれた服がとっても気に入っていて、今でも大切にしているんだ!世界に一つしかない自慢の服を、これからもたくさん作ってほしいな。おばあちゃんがたくさんの友達に囲まれていて、笑っている姿が好きだよ。健康に気をつけて、いつまでも笑顔でいてね。」

など、おばあちゃんの趣味を活かせるような誕生日プレゼントと一緒に、おばあちゃんのやりがいが出るような言葉や、体を気遣う言葉を添えれば、おばあちゃんを頼りにしている気持ちが伝わって、きっと健康にも気をつけてくれるようになるでしょう。

また、直接口で伝えるより手紙に書いて渡した方が、何度も読み返すことができるから、その思いが心に深く刻まれることでしょう。

病気で入院しているおばあちゃんには

長寿の気持ちを祖母に3

入院しているおばあちゃんは、一人でいることが多いから、寂しさや不安が募るものです。

看病に行ったときに、「リハビリなんかしないよ!」とわがままを言われたり、「毎日来なくても大丈夫だよ!」などと強がりを言われても、一人になると、言ったことを後悔していることもあるでしょう。

そんなおばあちゃんの誕生日には、離れていても家族の気持ちが伝わるようなプレゼントと一緒に、家族ひとりひとりの言葉を綴ったバースデーカードを添えるとよいでしょう!

「おばあちゃん誕生日おめでとう!みんなで選んだ写真立てと、おばあちゃんと旅行に行ったときの写真を贈るね!みんな心配しているから、早く元気になってね!」「おばあちゃんまたあそんでね。かのん」「おばあちゃん退院待っているね。たくみ」「来年は自宅で誕生日のお祝いをしましょう。浩志」「退院したら、またみんなで旅行に行きましょう。裕子」

など、一人でいるときでも、家族の暖かさを感じるプレゼントとメッセージを贈れば、家族の絆も深まるし、寂しいときにそれを見て、「リハビリをして早く自宅に帰らなきゃ!」という気持ちが芽生えることでしょう。